妊娠線予防を行なって出産後の肌に線を出さない|優しいケアが魅力

女性

線状皮膚萎縮症

保湿

概要と原因

妊娠線とは通称で正式な名称は線状皮膚萎縮症と言います。名前から分かる通り、妊娠線は女性が患いやすいポピュラーな皮膚病の一つです。ある事が原因で短期間の内に皮膚が引っ張られた場合、通常は伸びて対応する皮膚が身体の変化に適応できず、弾性繊維に亀裂が走ってしまいます。それが線となって皮膚の表面に出てしまいます。これが妊娠線の原因です。因みにこの症状は肥満や成長期などにも見られ、条件さえ揃えば男性にも症状が出ます。しかし、妊娠中の場合は栄養補給や血液循環が悪くなり、不純物が残りやすくなる傾向があります。その結果、皮膚の再生力が衰えて妊娠線を残す事になります。これが他の原因で発症する線状皮膚萎縮症とは異なる部分です。

予防方法

現在に至るまで妊娠線の根本的な治療方法は存在しませんが、様々な方法でケア・目立たなくする事ができます。また妊娠線を予防する事も可能です。特に妊娠線を事前に予防する事は重要です。妊娠線は原則として急激な体型変化についていけない事から起こる病気ですので、体重のコントロールが重要になっていきます。最近では妊婦の体調管理は病院でも徹底されているので医師の話はきちんと聞く事を心がけて下さい。また適度な運動を行う事によって余分な脂肪を普段から削ぎ落とし、体調と共に体重を管理する事も重要です。そして一番大事なのは保湿ケアを十分に行う事です。特に妊娠初期の段階から保湿ケアを行う事によって、大きな予防効果が得られます。最近では、専用の保湿ケアコスメも販売されているので利用してみましょう。アロマの香りでリラックスができるものもあります。好みで選択しましょう。